2019年5月18日土曜日

ガーデンシティ多摩センターこどもまつり  2019


/35/5日の3日間、多摩センター駅では、
「ガーデンシティ多摩センターこどもまつり2019」が開催されました❗

このお祭りに、私たちロイヤルハウジングも運営側として参加しました。
(主催である「地区連絡協議会」に加盟しているため)

パルテノン大橋手前のところでは
手作りアートや移動販売車による食べ歩きグルメを
楽しむことができ、大勢の人で賑わっていました😄


多摩中央公園では、積み木やモンキーブリッジで遊んだり、
竹馬やカヌーの体験をしたりしていました。
親子で楽しく遊んでいる姿が印象的で微笑ましかったです😍💓


その他にも、ミュージシャンの演奏や大道芸、
ヤギの餌やり体験、フリーマーケット等も行っていました😀

今回は運営側で会場の安全を見守る役割でしたが、
地域の人々が集まったり、親子が楽しく遊んでいる姿を目にすることが出来、
心が温かくなりました💨




2019年4月18日木曜日

手術後に

先日お腹の手術を受けました。
日帰り手術だったので、全身麻酔から覚めて間もなく、病院を後にしました。
まだ頭がぼーっとしてお腹もかなり痛み、普通に歩くことが出来ずにかなりゆっくりと休み休み駅まで歩きました。
来るときは10分ほどだった距離を30分以上かけてなんとか駅までたどり着いた時、階段の昇り降りもままならないことに気付きました。

困ったな、帰れるかな。
普段何も気にせず階段を駆け上っているいつもの駅を見渡すと、ありました、エレベーターやエスカレーター、そしてゆるやかなスロープに手すり。

ありがたい、と心底思いました。
そしてスロープを上りきったところにポツンと配置されていた腰掛けられるオブジェのような椅子。たいして気に留めなかったそれらの1つ1つが、よく考えられた設計をされていることにも気付きました。

思いやりを受ける立場にならないと気付かない(それもどうかと思うけど)ことも多いですね。
今後は定期的に手術を受けてみようと思いました。
うそです。健康って大事。

2019年3月28日木曜日

感謝のメッセージ


先日読んだ本に、遺言書と合わせて『感謝のメッセージ』を送ろうという記事がありました。

遺言書とは、自身が亡くなった後に残された家族などが遺産争いにならないようにと
あらかじめ書き留めておくものですが、その内容がどうしても財産に関する事柄になるため
お世話になった人達に感謝の気持ちを伝えることが出来ない。
恥ずかしくもあり、直接伝えることも出来ない。

ならば感謝の気持ちをメッセージにして残しておこうというものでした。  

メッセージの内容は、
   ☆『夫』から『妻』へ   
  
   ☆『親』から『子』へ
   ☆『本人』から『兄弟姉妹』へ
   ☆『本人』から『介護施設スタッフ』へ
      と、様々な感謝の内容や表現で綴られており、つい目を潤ませてしまいました。。。

感動もひとしおではありましたが
ここまで感謝の気持ちを抱いているのならば
恥ずかしくとも、やはり直接伝えるべきではないかな?
と思いました。
 

遺族も亡くなった後にメッセージを見付け
「こんなにも思ってくれていたのだ。」と知らされても
 もう、どうにも出来ない‼ 墓前で手を合わせるだけとなってしまいます。
 
後悔しても「時すでに遅し」です。
 
ならば『ありがとう』を、互いに目を見て伝えたいですよね!!